公開中の自作ゲーム

*ジェシカバレンタインハウス

*Melito 挑戦!まちがいワールド

*Melito 挑戦!怪物ハウス

*ナガサレータ(脱出ゲーム)

プロフィールとブログ概要

  • 主にパーティーキャッスル(PTC)キャラエディタで撮った画像掲載、自作アイテムの配布などをやっています。
    自作ゲームはじめました(・∀・)

    *アイテム利用規約
    ↑アイテムご利用の際、お読みください。

    *パーティーキャッスルとはかつてSQUARE ENIXで提供されていた3DCGのオンラインサービスです。

    リンク(自分の外部ページ)

    FAGS(*R-18)
    Pixivのやつ
    Youtubeのやつ

    連絡先


    カテゴリー

    月間アーカイブ

    お知らせ

    【ゲームの修正箇所など】
    ・2017.2.9 ジェシカバレンタインハウスの一部仕様変更。
     詳細はこちらをご覧ください。
    ・2017.2.5 ジェシカバレンタインハウスのバグ修正
    *致命的なバグ修正。詳細はこちらをご覧ください。
    ・2017.1.29 新作ゲーム ジェシカ バレンタイン ハウス公開しました(・∀・)

    【PTC吸血鬼フェア】三回目【おにごろし】




    *吸血イベントについて。(主催者紹介とか)     *今までの活動記録
    *使用させて頂いてるアイテムなどについて

    【第四回目・吸血活動3〜エンカウント2!】


    吸血鬼カミーナ怪僧スクリーマー薄幸な青年ノーリァの血を吸った後、次なる獲物を求めて徘徊を続けた。



         ・
         ・
         ・
         ・
         ・





    カミーナ(以下・カ)
    「おい。車道を歩いたらいけないんだぞ?」

    スクリーマー(以下・ス)
    「いえ、マスターが縁(へり)を歩いておられるので、私の立ち位置は必然的にここなのです。」

    カ「変なヤツだな、右側歩けばいいのに。
    まあいいや。あたしは今鍛錬中だからな。この縁から足を踏み外したら地獄行きの設定だ!」

    ス「…な、なるほど、常に御自分に厳しくなさっておられるとはさすがです」

    カ「ハハッ!褒めても何も出ないぞ、、、でも、飽きた。次は車道の真ん中を闊歩する訓練だ!

    とおっ!

    ……おやっ?」」



    ス「むむ? どうなさいましたか? あっ、あれは!」








    カ「……なんか道の真ん中にブルーシート敷いてるバカがいるな、、、」

    ス「あのオーラ、人間ではないですね。漂う色気、、、サキュバスでしょうか?」

    カ「お前もまだまだだなあ。あれはあたしらと同属、吸血鬼だよ。もう一体は違うが。まあ、えさじゃないのが残念だが、このあたしの進路を阻むとはいい度胸だ。行くぞスクリーマー!」

    ス「ハッ!」












    横たわった???
    「あら? こんばんは。いい夜ね」

    カ「よくねーよ。あたしの歩行の邪魔だからどけ。」

    構えてる???
    「…ご主人様に無礼だ」

    カ「なんだ?このちっこいのは。お前こそ無礼だぞ」

    横たわる???
    「いいのよ、ヴィオ
    …初めまして。
    私の名はヴァロア(以下・ヴァ)。
    この子は私の使い魔ヴィオ(以下・ヴィ)よ。 貴女のお名前は?」

    カ「…む。名乗られたからには名乗るのが礼儀だな。 あたしはカミーナ・ルゴシ。このでかいのは怪僧スクリーマーだ!」


    ヴァ「二人ともよろしくね。カミーナ、ちょっと貴女ここに座りなさい。」

    カ「(いきなり馴れ馴れしいな、、、)あ?何でだよ?」

    ヴァ「いいから、早く座りなさい! さあ!」

    カ「…む、、、」

    不覚にも、初対面の吸血鬼ヴァロアの勢いに押されて素直に座ったカミーナ。







    カ「……!? てめー!何しやがる!!」















    ヴァ「……んー。残念ね、、、貴女、私の好みじゃないわ。顔大きいし、、、
    綺麗なモノあるかなと思って検問張ってたけど、今宵はハズレね、、、」

    ヴィ「…ご主人様残念、、、」

    カ「!!!! なんだとー!! し、失礼な! 許さん!! 
    ゆけっ!スクリーマー!!」

    ス「ラジャー!!」

    ヴァ「…めんどくさいわねえ。 ヴィオ、やっちゃいなさい!」

    ヴィ「…はい、ご主人様」





         ・
         ・
         ・
         ・
         ・


    【数十分後】

    ヴァ「…終わらないわね」

    カ「ああ、、、飽きてきたな、、、
       おい、スクリーマー!早く勝負つけろ!」







    ス「無理です、マスター! こやつ、この小さなボディで信じられない怪力です! しがみついて動けませぬぞ、、、!」

    ヴィ「…ヴィオ、ご主人様の為負けない」

    ヴァ「……もう止めにしない? 
     可愛い可愛いあたしのヴィオに、ああいう泥臭い闘いはさせたくないし」

    カ「ああ、なんかもういいや、、、
       スクリーマー! 止めていいぞ!」



         ・
         ・
         ・
         ・
         ・







    という訳で、一応和解した吸血鬼とその仲間達であった。
    めでたしめでたし。


    ―第二回目の吸血は失敗!― 
       だが、何か大切なものを得た気がする!





    【今回の生贄提供者様】

    ・ヴァロア(吸血鬼)
      &ヴィオ(使い魔・人形)の画像

    ゆきのきゆ ‐ たま(^・ω・^)さん

    ご提供ありがとうございました。<(_ _)>


    →【四回目・吸血活動3〜エンカウント2】にすすむ。


    →『おにごろし』インデックスに戻る。




    関連する記事



    web拍手 by FC2

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック