公開中の自作ゲーム

*ジェシカバレンタインハウス

*Melito 挑戦!まちがいワールド

*Melito 挑戦!怪物ハウス

*ナガサレータ(脱出ゲーム)

プロフィールとブログ概要

  • 主にパーティーキャッスル(PTC)キャラエディタで撮った画像掲載、自作アイテムの配布などをやっています。
    自作ゲームはじめました(・∀・)

    *アイテム利用規約
    ↑アイテムご利用の際、お読みください。

    *パーティーキャッスルとはかつてSQUARE ENIXで提供されていた3DCGのオンラインサービスです。

    リンク(自分の外部ページ)

    FAGS(*R-18)
    Pixivのやつ
    Youtubeのやつ


    カテゴリー

    月間アーカイブ

    お知らせ

    【ゲームの修正箇所など】
    ・2017.2.9 ジェシカバレンタインハウスの一部仕様変更。
     詳細はこちらをご覧ください。
    ・2017.2.5 ジェシカバレンタインハウスのバグ修正
    *致命的なバグ修正。詳細はこちらをご覧ください。
    ・2017.1.29 新作ゲーム ジェシカ バレンタイン ハウス公開しました(・∀・)

    『ファイナルクエスト4』 第四章 バババーババの姉妹 第5話


    *まだ少しシリアスでござるの巻(´・ω・`)


    【前回まで】
    ピラミッドの最深階・忘却の石室に囚われたヤングの前に現れたのは、死んだような目をしたベンザだった。






    ヤング「ベ、ベンザ!無事じゃったか! ハッ!ピロはどうした!?」

    ベンザ「…………」

    鉄格子に駆け寄ったヤング。
    だが、ベンザの様子がなにかおかしい。

    (むむっ、、、!? この目は! まるで生気がない、、、さては操られておるな?)

    そう思ったと同時にベンザが近寄り、何かを差し出した。







    「…赤イ紙、、、青イ紙、、、黄色イ紙、、、
       、、、ドレガイイデスカ、、、?」

    「!? ハッ! そ、それは、、、! まさか!?」

    ヤングは差し出された三枚の札を見て驚愕した。

    (LLDT、、、!
    5年前、戦友センルイを破滅させた忌まわしき呪法! それを何故ベンザが、、、!?)


    【LLDT−ラ・レジェンテ・デス・トワレ


    *写真はイメージです。モデルは一切ストーリーに関係ありません。


    遥か昔、エキゾチックジャポーン国に存在したと伝えられる呪法のひとつ。
    標的にされた者が便所に行き用を済ませた時、便器の中から呪いの手が現れ、
    「赤い紙、青い紙、黄色い紙、、、どれが欲しい?」と語りかけてくる。

    その問いかけに対し、
    を選んだものは
    『黒歴史を晒されて、顔が真っ赤になった後…魂を奪われる』
    を選んだものは
    『お宝フォルダ消去、顔が真っ青になった後…魂を奪われる』
    黄色を選んだものは
    『大量の蜜柑を食わされて、体が黄色くなった後…魂を奪われる』という。

    ※フォルダ=魔法で記録した物(現在でいう画像やファイル)等を保存する魔道具。この世界ではわりと普及している。

    問いに答えるまで便所から出ることはできないが、答えたとしても無事に出ることはできない。

    *凜民明書房『ポマード・ほっといてくれよ!都市伝説』
      (センルイ・W・フルベース著)より抜粋


    (…我が友センルイは武闘派ソーサラーの傍ら、様々な古の禁忌呪法を研究し、モノにしておった。軍には内緒であったが、、、
    ヤツが最後に着手したのがこのLLDT、、、
    従来のどの術よりも謎が多くて難解らしく、当時遠征で野営をした時に『水洗式なのに手が出るという仕組みがどうしても解き明かせないのですよ』などとよく語っていたものじゃ、、、

    しかし、センルイのヤツは、、、


         ・
         ・
         ・



    *5年前、遠征地で野営しているヤングとセンルイ。


    ヤングは昔を思い出した。

    5年前当時、魔法や呪法の研究実験は医学と同じように、魔物を実験体として用いるのが主流であった。
    害をなす物を駆除できて魔法の発展にもなるから一石二鳥と考えられていたからだ。
    ところが、センルイは『ホイミンとか、いい魔物もいますよ』と訳のわからない事を言い、実験に生物は一切使わなかった。
    そのため、最後の実験もそのように行ったのだが、それが仇となってしまった。

    この呪法は失敗した場合、その怨念の波動が術者に全てはね返る。
    呪う対象がいないのに発動した呪法は失敗と同じ。それを彼らは知らなかったのだ。
    行き場のない怨念の反動はセンルイに降り注ぎ、そのまま命を絶つ事となってしまった。


    古来呪法は禁忌であるが故、この実験の事はおおっぴらにはできず、普通の魔法実験の事故として軍に申告され、この術を知っているものは、ヤングを含めごく一部のまま封印されて今に至るのだ。


         ・
         ・
         ・


    息子が生まれたばかりだったというのに、、、
    ホント、馬鹿なヤツじゃ、、、

    …それにしてもLLDT、、、
    よっぽどわしに因縁がある、、、いや違うな、、、 
    なるほど、センルイの事を知ってわざわざ禁忌を掘り返したのか、、、 えげつないのう、、、)





    「ネェ……ドレガイイノ、、、?」









    再びベンザが選択を迫る。


    「くっ、、、!」


    呪術師ではないベンザが用いる呪法だから効果は薄く、避けるのも容易いが、そうすると呪法は失敗となりベンザに反動が降りかかる。
    かといってまともに受ける訳にもいかない。

    (……どうすればいいのじゃ、、、!?)

    様々なパターンの打開策を考えてみるが、全く良い方法が思いつかないヤング。
    そうこうしてるうちにベンザの表情が変わった。














    「ナンダ、、、イラナイノ、、、」



    ベンザはそう言い放つと持っていた札を握りつぶし放り投げたと同時に、鉄格子の隙間から伸ばしていたその手でヤングの首を締め上げた。







     
    「ギギギ……! ぐぇっおえっ…!」


    ベンザの細腕からは信じられないほどの力がヤングの体を軽々と持ち上げ、全体重が首に集中して圧し掛かる。
    ヤングとて武装兵士長のはしくれ。逃れる術をもっているはずなのだが、それができないほどの怪力だった。

    (……いかん、このままでは、、、! しかし、、、力が入らんわい、、、これが呪いの威力なのか、、、? ……くっ、、、打開策がどうのの前に、圧倒的な力の差じゃった、、、)

    ベンザを傷つけずに術を破るどころか、全く抵抗できずにヤングの意識はだんだんと薄れ掛けていった、、、


    と、その時


    『……ヤング……ヤング……』












    「……わしを呼ぶのは誰じゃ、、、?」



    『……ヤング、何をもたもたしているのです……

     あなたはここで果てる男ではないでしょう…

     あなたには………

     まだ覚醒していない力があるはずです……』



    「…覚醒していない力じゃと、、、?」



    『…はい。あなたはこの私の加護を受けています…

     さあ、私のさらなる霊力をお受けなさい…

     そして真の力を引き出すのです……!!』










    「、、、! もしやあなたは、、、 
     

         闘星守護の女神、、、


           シルフィール様、、、!?」





    『……いいえ…』









    『センルイです!!』



    つづきます。
     



    *使用させていただいた背景素材サイトのリストはこちら。


    関連する記事



    web拍手 by FC2

    コメント
    シルフィール様を期待した自分が恥ずかしいです・・・
    • KEI
    • 2011/02/25 12:45 AM
    なんかホラー要素も混ざってますな!
    センルイさんかっこよすぎwww
    マンルイさんのパパ?
    KEIさん>
    どうもです|☆∀☆)ゝ”
    いやいや、そこを期待してくれたなら狙い通りですよw 最後でオチをつけないとまたシリアスのまま終わってしまうではないですかw

    30さん>
    どうもです|☆∀☆)ノ
    結構ホラー好きなのですだ(ΦωΦ)b
    ただ、俺の絵柄だと怖くはないのですが(苦笑)
    センルイのエピソードは次回に期待してください。
    まあ、言ってしまうとパパなのですがw
    • かずーん
    • 2011/02/25 8:08 AM
    今回も楽しく観させてもらいました^^

    センルイ君はなぜか笑ってしまいます(*^。^*)

    でも死んでしまったのですね・・・合唱・・・m(__)m

    でもセンルイ君の活躍期待しつつ次回も楽しみにしてますぞ!!\(~o~)/

    ワンピースは!実在するーーーー!!\(-o-)/
    ブロッケンさん>
    どうもです(σ☆∀☆)σ
    センルイは死んでますが、ドラゴンボールの登場人物のようにこの世に干渉する事ができると思ってください。ご都合主義ですがw
    次回もよろしくお願いします (´∀`)9 チョッパー!
    • かずーん
    • 2011/02/26 7:17 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック