公開中の自作ゲーム

*ジェシカバレンタインハウス

*Melito 挑戦!まちがいワールド

*Melito 挑戦!怪物ハウス

*ナガサレータ(脱出ゲーム)

プロフィールとブログ概要

  • 主にパーティーキャッスル(PTC)キャラエディタで撮った画像掲載、自作アイテムの配布などをやっています。
    自作ゲームはじめました(・∀・)

    *アイテム利用規約
    ↑アイテムご利用の際、お読みください。

    *パーティーキャッスルとはかつてSQUARE ENIXで提供されていた3DCGのオンラインサービスです。

    リンク(自分の外部ページ)

    FAGS(*R-18)
    Pixivのやつ
    Youtubeのやつ


    カテゴリー

    月間アーカイブ

    お知らせ

    【ゲームの修正箇所など】
    ・2017.2.9 ジェシカバレンタインハウスの一部仕様変更。
     詳細はこちらをご覧ください。
    ・2017.2.5 ジェシカバレンタインハウスのバグ修正
    *致命的なバグ修正。詳細はこちらをご覧ください。
    ・2017.1.29 新作ゲーム ジェシカ バレンタイン ハウス公開しました(・∀・)

    『ファイナルクエスト4』 第四章 バババーババの姉妹 第3話



    【前回まで】
    ・バババーババの劇場の人気ダンサー・サユリがさらわれた。
    ・関係者達の許にドールマスター・パロマの姉ピローニャが来た。
    ・地震発生。原因はピローニャらしい。
    ・そしてその原因はピローニャの生い立ちに関係あるようだ。




    さらわれたサユリをよそに、話しは少し過去に遡る。

    〜17年前・バババーババの街〜




    *7世帯分と倉庫2つのテントが村の生活区域。



    バババーババ一帯ははるか昔に栄えたある王朝の跡地であり、住民はその末裔であると言われている。
    正確には『王族の』ではなく『王族に仕えていた者達』の末裔で、彼らは王家の墓である木馬ピラミッドとその傍らに構える石像スクリンクスという遺跡を護るために、この灼熱砂漠で暮らしているのだ。
    今でこそ聖地や劇場のおかげで『街として』栄えているが、17年前はまだ古き時代からの伝承に縛られたであったため、独自の風習なども健在だった。

    村人はこの村、いや、この砂漠地方にとってピラミッドとスクリンクスは多大なる恩恵を与えてくれる神聖なものであると信じ、その神聖なる遺跡を護る為にこの地に留まっている。
    17年前当時、村には7家族24人が暮らしていて、その全員が親族だった。
    血を重んじる一族である彼らは、いわゆる近親婚(ただし*4親等以上)を子孫繁栄の掟としてきたからだ。(*従兄弟以上)

    『遺跡を護る』といっても、一族全員がその役目を担っている訳ではない。
    彼らの祖先は王の命により『王家の墓』という神聖な施設を護る事で衣食住が保障された訳だが、王朝亡き現在は自分達でそれらを賄う必要がある。
    その為にはほとんどの村人は生活の為に、狩りや家事、子育て等をしなくてはならないのだ。

    この土地は農作物の栽培は望めないため、砂漠に住む動物(主に爬虫類など)を狩る必要がある。
    これは危険な為に男の仕事とされており、成人男子のほとんどがそれを担っている。 そして女性達は男が狩りに出ている間、村を守りつつ家事や子育てその他諸々をするという生活が成立していた。



    *サバクオオトカゲを狙う男達。


    とはいえ、もちろん遺跡をおろそかにする訳にはいかない。
    そのため『遺跡守護の役割だけ』をもつ者、すなわちミコミコガーディアンという職が生まれたのだ。


    ミコミコガーディアン(以下MG)は、一族の血を引く未婚で16~18歳までの乙女全員が対象で、当てはまる乙女達は花嫁修業代わりとしてその任務を受け持つ事になっていた。

    そして17年前のMGはベンザ・ウォッシュレットという18歳の少女が受け持っていた。
    後にピローニャとパロマの母となる少女である。


    *ピラミッドを孤独に巡回するベンザ嬢。


    当時は対象の乙女がベンザしかいなかったため、たった一人でその役割を担わなくてはならなかった。
    年頃の乙女は他にもいたのだが、全員早くに結婚してしまったからだ。

    ベンザも早く結婚してMGから脱落しようと思っていたが、一族の結婚適齢者はもういなかったためにその考えは打ち砕かれた。
    仮に適齢者がいたとしても、MGの座を空白にするわけにはいかないのでベンザの結婚は許可されなかったであろう。

    16歳でMGになったベンザ。当初は色々と不満があったが、生来の真面目な性格もあり毎日ずっと一人ぼっちで遺跡守護の任務をこなしていた。
    しかし、守護といってもメリート砂漠はほとんど隔離されたような所であるため盗掘者はおろか、魔物といわれるものすら一切現れなかった。
    それでも遺跡内を巡回しなくてはならないし、交代する者もいないため、基本的に遺跡内で暮らさなくてはならない生活を強いられていたのだ。
    一年たった頃にはいい加減飽きてしまっていた。そして何よりも寂しくなっていたのだ。


















    それでも与えられた任務を放棄するわけにはいかない。 やがてベンザは巡回中に色々と素敵な想像をする事を覚えた。

    想像の中に現れるのはまぶしく輝くほど爽やかな青年。 邪悪な魔物に囚われたベンザをその青年が解き放ってくれるというのがお気に入りの設定だ。
    そのイメージがどんどん膨らんでいって、『危機一髪!嫁姑抗争・宇宙編』の想像にとりかかろうとしていたある日、本当にまぶしく輝く青年が現れた。







    *この頃は神官長ではなく武装兵士長だった。


    ビーエルから訪れたヤング・パーシバルという武闘家だ。


    メリート砂漠の拡大防止及び、遺跡の老朽化を防ぐ為に立ち上がったビーエル王室が、第一次視察隊として彼を派遣したのである。 

    仕事の一環として挨拶をしにきたヤングに一目で心を奪われたベンザ。 そしてヤングも彼女の愛らしさにわずか5秒で恋をしてしまったのである。まさに運命の出逢いだったのだ。
    その日から2人は毎日、王の石室で愛をはぐくむ様になった。

         ・
         ・
         ・
         ・
         ・

    そして一年後……







    ベンザとヤングの愛の結晶が生まれた。
    それがピローニャである。

    この一年間、2人は遺跡内でこっそりと逢っていたが、一部の村人達は彼らの関係を知っていた。
    当然、他所の人間であるヤングとの交際は掟破りなのだが、従姉妹をはじめとする若い連中はベンザの気持ちを理解していたので、長老など年寄り連中には内密にしていた。
    それに、ヤングはあくまでも一時的に派遣されているだけだから、その任期とともに終わる恋だろうと皆思っていた。だからそれまではそっとしてやろうと考えていたのだ。

    だが村人達の思惑に反し、ヤング自身はベンザと一緒になろうと深く決意していた。彼もかつては家庭を持っていたが、数年前妻に先立たれ、8人いる子供達も立派に成長してすでに親元を離れ、それぞれの所帯を持っている。
    亡くなった妻の事を忘れた訳ではないが、それ以上にベンザの事を愛してしまったのだ。
    そしてその想いは彼女が身ごもった時に決意に変わったのである。子供が生まれたら全てを長老達に話し、2人の結婚を認めてもらおうと。

    ベンザもヤングに出逢う前からずっと、出逢ってからもっと鮮明に想いうかべていた幸せが叶うとばかり思っていた。

    しかし2人の想いはこの後打ち砕かれる事となる。







    →第四話にすすむ。


    *使用させていただいた背景素材サイトのリストはこちら。


    関連する記事



    web拍手 by FC2

    コメント
    ベンザ嬢は可愛いですな(^_-)-☆

    万太郎のじっちゃん!!一年でえらい老けましたな〜><

    いったい二人になにが?!続く・・・

    かずーんさんのやる気にアッパレです^^v


    僕もがんばろ〜\(゜ロ\)(/ロ゜)/
    ブロッケンさん>
    どうもです|☆∀☆)ノ
    ベンザは主役ではありませんが、ちょっとお気に入りですw
    万の爺さんは精力を使い果たして老け込んでしまったようです。ベンザに溺れたと思ってくださいw
    次回もよろしくお願いします<(_ _)>

    ブロッケンさんも伝説の続き頑張ってください。続き待っていますよ(σ☆∀☆)σ
    • かずーん
    • 2011/01/15 8:24 AM
    スフィンクスがかっこいいw
    ベンザさん、名前はともかくかわいいですな!*^^*
    良い方向に考えればサボりまくれる仕事ですな!

    そしてヤングキタよ!
    でも1年で老けましたな〜w
    • 30years3ounce
    • 2011/01/15 8:40 AM
    30さん>
    どうもです|☆∀☆)ゝ”
    アニメの舞台にもなった遺跡ですからなw あまり石像っぽくないのはご愛嬌 (`・ω・´)b

    ベンザ、名前もいいじゃないですかw エルザとか『ザ』がつく三文字は可愛らしい!

    巡回は確かにサボれそうですが、何も娯楽のない空間で一人ですからね、、、客の全く来ない店みたいなものです。゜(゚´Д`゚)゜。ウァァァン

    前の章の登場人物は第五章まで出ない予定でしたが、うっかり使ってしまいましたw 今後どうつなげたらいいかちょいと困っています(´・ω・`)
    老けた理由はブロッケンさんのコメントにも書いたとおりですw 体におぼれた、、、

    • かずーん
    • 2011/01/15 9:07 AM
    途中まで感動していたのに・・・
    じーさんで台無しに・・・

    ってか「ヤング」じゃないじゃん(-_-;)

    と、そうは言っても俺なら同じ道を歩んだでだろうことは否定しない・・・。
    いや、ちょっと待て・・・ってことはじーさんホントはじーさんじゃないのか?
    • KEI
    • 2011/01/16 2:57 AM
    KEIさん>
    どうもです(☆∀☆)ゝ”
    文中にはありませんが、ヤングはこの時54歳という設定です。爺というには微妙ですが、孫とかいてもおかしくない年齢だからやっぱり爺かもですなw(ΦωΦ)

    KEIさんがもしこういう風に赴任した場合、複数の村娘にまで手を出しそうですが、ヤングのようにちゃんと一人に絞ってくださいねw m9っ`・ω・´)シャキーン

    • かずーん
    • 2011/01/16 5:17 PM
    あ、そーか!まだいたんだね!イイこと教えてくれてあり
    がとう\(^o^)/

    それじゃ行ってきまーす!
    • KEI
    • 2011/01/18 2:52 AM
    爺さんwwww
    1年でwww1年でwwww
    • 存在しないIDです
    • 2011/01/18 10:33 PM
    コメントありがとうございます&返信遅くなりましてゴメンナサイ(>_<)
    実はまた入院してましてもう数日かかる予定です。
    戻ったらまたよろしくです(・ω・)ノ
    KEIさん>
    この時はベンザ以外の女子はもう人妻ですのでご遠慮ください(=_=)
    とはいえ、それはエロマエストロには言っても無駄でしょうけど(笑)

    IDさん>
    今になって思ったのですが、ヤングは『掟の呪い』とかで後から老けさせたほうが良かったかなあと(苦笑)
    失敗した、、、><
    • かずーん
    • 2011/01/31 5:51 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック