公開中の自作ゲーム

*ジェシカバレンタインハウス

*Melito 挑戦!まちがいワールド

*Melito 挑戦!怪物ハウス

*ナガサレータ(脱出ゲーム)

プロフィールとブログ概要

  • 主にパーティーキャッスル(PTC)キャラエディタで撮った画像掲載、自作アイテムの配布などをやっています。
    自作ゲームはじめました(・∀・)

    *アイテム利用規約
    ↑アイテムご利用の際、お読みください。

    *パーティーキャッスルとはかつてSQUARE ENIXで提供されていた3DCGのオンラインサービスです。

    リンク(自分の外部ページ)

    FAGS(*R-18)
    Pixivのやつ
    Youtubeのやつ

    連絡先


    カテゴリー

    月間アーカイブ

    お知らせ

    【ゲームの修正箇所など】
    ・2017.2.9 ジェシカバレンタインハウスの一部仕様変更。
     詳細はこちらをご覧ください。
    ・2017.2.5 ジェシカバレンタインハウスのバグ修正
    *致命的なバグ修正。詳細はこちらをご覧ください。
    ・2017.1.29 新作ゲーム ジェシカ バレンタイン ハウス公開しました(・∀・)

    『ファイナルクエスト4』 第四章 バババーババの姉妹 第2話


    *部屋の中には他にも2〜3人いると脳内補正してください。

    前回のあらすじ

    人気急上昇中の歓楽街バババーババの劇場で、売れっ子ダンサーサユリの誘拐事件発生
    劇場支配人はスキャンダルを恐れ事件を表に出したくないという。
    サユリの相方でドールマスターのパロマ・ウォッシュレットが支配人をたしなめようとした時『お姉ちゃん』と名乗る少女が現れた。




    *困惑のパロマと、劇場支配人ヒロキ・マグロスキー(以下支配人)


    パロマ「お、お姉ちゃん、、、!」

    支配人「ピ、ピローニャさん、、、な、なぜここに? 貴女には劇場への立ち入りをご遠慮頂いてるはずですが、、、」


    *当たり前のように現れた少女。悪びれる様子はない。

    ピローニャ「あらぁ? 遠慮はしてるわよぉ? でも絶対に出入り禁止とは言われてないわぁ〜」

    パロマ「それは屁理屈、、、普通『ご遠慮=来るな』なのよ、、、 大体お姉ちゃんだって、どうして自分がそういう扱いなのかわかってるでしょ?」

    支配人「言い辛いのですが、貴女がいらっしゃるとまた劇場の営業に支障をきたす恐れが、、、い、いえ、貴女が悪いとかそういうのではないのですが、、、ゴニョゴニョ

    「赤い災害が戻ってきた、、、」
    「自宅のマル秘お宝保存封筒、処分しとけばよかった、、、」
    「俺、この営業が終わったら田舎の彼女と結婚するんだ、、、」

    周りの関係者達数名も悲壮な顔つきでどよめきだした。

    ピローニャと呼ばれるその少女はパロマの姉で、災いを齎す者として劇場関係者に煙たがられてる存在のようだ。
    支配人が言うように、決して彼女自身が何か悪い事をする訳ではない。
    だがピローニャが、劇場をはじめ様々な所で災害を巻き起こしたのは確かなのだ。


    *パロマや支配人達に非難されてションボリなお姉ちゃん16歳。

    ピローニャ「…………わかったわぁ、、、」

    パロマ「あ、お、お姉ちゃん、違うのよ? お姉ちゃんの事嫌いとかそういうのじゃないのよ? 他の人はどうか知らないけど、、、」

    関係者A「俺も嫌いじゃないよ。
    支配人はどうか知らないけど」

    関係者B「僕はむしろ好みですよ!
    支配人はどうか知りませんが」

    関係者C「俺だって婚約者いなかったら告白したいくらいだし!
    支配人はどうか知らないけど」

    支配人「!?ちょ、ちょっと君達! い、いや、私だってピローニャさんの事をお嫌いな訳ではありませんよ! ハハハ!イヤだなあもう、、、

    ドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドド

    *災害はいきなりやってくる!

    支配人が話す途中、部屋がいきなり10秒ほど揺れた!
    規模にして震度5ほどだろうか。超大地震とまではいかないが、わりと大きな地震だ。


    *関係者ABCの3名もいると思ってください。

    揺れが収まった後、クローゼットなどの家具は倒壊し辺りは散乱、柱も数本折れていた。部屋が潰れなかったのが不思議なくらいだ。
    パロマ達や支配人達も、幸いな事に怪我こそしなかったが床にひっくり返っていた。

    ピローニャも無傷であったが、その状況は他の皆と違っていた。


    *「……またかー」といった感じのお姉ちゃん。

    倒壊した柱が、と言うより、まるでピローニャの防壁になる為に倒れたのではないかという感じで彼女を守っていた。
    ご丁寧にお尻の下にはクッションまでが滑り込んでいたようだ。

    そしてそれは偶然ではなく、起こるべくして起こった出来事なのである。
    ただ、よくある話のように、覚醒したピローニャの力が地震を起こしたとかそういう話ではない。

    ピローニャ自身にはパロマのようにドールマスター等の特殊な能力は全く無い。
    特技といえば、食べる事のできる草木の見分けに長けているくらいで、それも3割の確立で間違える程度の腕前だ。
    よって災害など意図的に起こせる力など持っていない。

    しかし、今回の地震しかり、彼女が現れるところには災害が起き、自分だけは無事という事態がしょっちゅうなのだ。
    そして、それにはピローニャの生い立ちに秘密があった。

    →第3話にすすむ。

    *使用させていただいた背景素材サイトのリストはこちら。


    関連する記事



    web拍手 by FC2

    コメント
    なんだって!!サユリがさらわれたって!!><
    今年始めからショックだぜー!!(ToT)
    ピローニャちゃんは間違いなくのトラブルメーカーですな(^ム^)
    支配人・・・いい味でてて好きです(#^.^#)
    半ズボンなのが面白いです!(^^)!
    ブロッケンさん>
    毎度ありがとうございます|☆∀☆)ノ
    もう劇場にとっては死活問題ですよ。無事に戻る事といいのですが、、、w
    ピローニャはハムナプトラの主役ミイラくらいの災害を起こしますからな、、、危険です(((( ;゚д゚)))

    支配人は某世界を釣る男をイメージしましたw
    半ズボンなのは砂漠地方に対応する為なのですよ。立場上、これが限界の暑さ対策です m9っ`・ω・´)
    • かずーん
    • 2011/01/10 12:00 AM
    支配人の顔がナイスですな!
    一瞬半ズボンがブリーフだと思ったぜ!
    屁理屈は好きですよ!言う方に限り!(何
    • 30years3ounce
    • 2011/01/15 8:21 AM
    30さん>
    毎度ありがとうございます(σ☆∀☆)σ
    どうやら女キャラより男キャラのほうが得意っぽいです(苦笑)
    ひっくり返った所はめくれてるから確かにブリーフっぽいw 指摘されたらそうとしか見えなくなったw
    屁理屈は可愛い女の子が言うなら許しますなあ。限度もありますがw
    • かずーん
    • 2011/01/15 8:31 AM
    揺れがすごいっす!!
    支配人、人気ですなぁ^^
    自分もおじさんイイ味でてて好きです
    しわがいいよねぇ〜
    そしてなんで短パンなんだろう?w
    トラブルメイカーのピローニャたんといると
    退屈しないでしょうね〜
    • くろ豆腐
    • 2011/02/11 11:40 PM
    くろ豆腐さん>
    力技で揺らしてみましたw
    支配人は南国系の男という事で、某マグロ釣り俳優をイメージしたのですよw 爽やかな中年を意識したつもりですが、微妙かも、、、
    半ズボンなのはトロピカル仕様です(ΦωΦ)b

    ピローニャは確かに退屈しないかもですが、それ以上に疲れさせられるので俺は一緒にいたくないところですw お気に入りではあるのですが。
    • かずーん
    • 2011/02/12 10:18 AM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック