公開中の自作ゲーム

*ジェシカバレンタインハウス

*Melito 挑戦!まちがいワールド

*Melito 挑戦!怪物ハウス

*ナガサレータ(脱出ゲーム)

プロフィールとブログ概要

  • 主にパーティーキャッスル(PTC)キャラエディタで撮った画像掲載、自作アイテムの配布などをやっています。
    自作ゲームはじめました(・∀・)

    *アイテム利用規約
    ↑アイテムご利用の際、お読みください。

    *パーティーキャッスルとはかつてSQUARE ENIXで提供されていた3DCGのオンラインサービスです。

    リンク(自分の外部ページ)

    FAGS(*R-18)
    Pixivのやつ
    Youtubeのやつ

    連絡先


    カテゴリー

    月間アーカイブ

    お知らせ

    【ゲームの修正箇所など】
    ・2017.2.9 ジェシカバレンタインハウスの一部仕様変更。
     詳細はこちらをご覧ください。
    ・2017.2.5 ジェシカバレンタインハウスのバグ修正
    *致命的なバグ修正。詳細はこちらをご覧ください。
    ・2017.1.29 新作ゲーム ジェシカ バレンタイン ハウス公開しました(・∀・)

    【ゲーム製作】十人十色【の話】


    *パッケージ写真の元(規約により修正してます。)

    『Melito〜夕陽丘次郎の歪んだ純愛』のお買い上げ&体験場のプレイありがとうございます(・∀・)

    無事に発売できたと思ったら、まだ安心はできなかったって話なんぞを。

    ゲームの製作方法とかは人によってそれぞれ違い(多少セオリーはあれども)、まさにタイトルの十人十色でしょうから、それについては書きません。
    しかし、全てのゲーム製作において、これは絶対に欠かせないのは『デバッグ』でしょうな。

    ご存知の方も多いと思いますが、デバッグとは『実際にプレイできるかどうか』『不具合(バグ)はないか』などを確認する作業。
    たとえば、いくら絵や内容がすばらしいゲームだとしても、まともにプレイできなければ意味がない。

    最初からパーフェクトなプログラム組めば問題ない話ですが、やはり人間のする事にはミスはあるものでございます。

    デバッグ作業として、ごく普通にプレイするのはもちろんですが、普通じゃないプレイ、つまり、製作者の思惑とは違ったプレイをする必要があります。
    たとえば、いろんなトコをクリックしてみたり、いたるところでセーブして再開してみたり、そこで可能なアクションを思いつく限り全て試す感じですな。

    ただ、やはりそれには限界があり、自分では発見できないアクションてのがやはりあるようで、これぞまさにタイトルどおり、十人十色なプレイって訳ですな。
    そのためにゲームメーカーは、大勢のデバッガーを雇ったりしてるのでしょうけど。

    で、今回もまたデバッグ名人の某S30氏や、お買い上げいただいた方からのご報告メールなどでバグを発見し、修正に至ったって訳です。

    今回のゲームに限らず、今までのゲームもデバッグには重点を置いて、しっかり確認したつもりでしたが、見落としってあるものだなあと。

    そういう訳で、お買い上げいただいた方々、報告してくれた方々、そして、ファイル差し替えをしていただいた委託サイト様に感謝すると同時に、お詫びを申し上げます。
     


    関連する記事



    web拍手 by FC2

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック