公開中の自作ゲーム

*ジェシカバレンタインハウス

*Melito 挑戦!まちがいワールド

*Melito 挑戦!怪物ハウス

*ナガサレータ(脱出ゲーム)

プロフィールとブログ概要

  • 主にパーティーキャッスル(PTC)キャラエディタで撮った画像掲載、自作アイテムの配布などをやっています。
    自作ゲームはじめました(・∀・)

    *アイテム利用規約
    ↑アイテムご利用の際、お読みください。

    *パーティーキャッスルとはかつてSQUARE ENIXで提供されていた3DCGのオンラインサービスです。

    リンク(自分の外部ページ)

    FAGS(*R-18)
    Pixivのやつ
    Youtubeのやつ

    連絡先


    カテゴリー

    月間アーカイブ

    最近の記事

    お知らせ

    【ゲームの修正箇所など】
    ・2017.2.9 ジェシカバレンタインハウスの一部仕様変更。
     詳細はこちらをご覧ください。
    ・2017.2.5 ジェシカバレンタインハウスのバグ修正
    *致命的なバグ修正。詳細はこちらをご覧ください。
    ・2017.1.29 新作ゲーム ジェシカ バレンタイン ハウス公開しました(・∀・)

    『ゴッドハンド西』

    ある晴れた昼下がり、市場に続く道にある巨大な建物『私立 菜夢讃ホスピタル』
    その前にたたずむ一人の少女メリート。

     

    「ここが、どんな難病でも治せる奇跡のお医者様がいるという病院、、、人呼んで『ミラクルドリーミングハネムーン』か、、、」

         ・
         ・
         ・
         ・
         ・
    (回想)

    約半年前の春、中学校を卒業したメリートは念願の『私立 熱血学園』に入学した。

    中二のころからずっと憧れていた夕陽丘先輩とまた同じ学校に通える、いつもそばにいてあげられる、そんな想いでいっぱいだった。


    (↑色々な想い出のごく一部)


    先輩はメリートの事を全く知らなかったが、それでも毎日楽しくストーキ過ごしていた。

    だがある日メリートに思いもしない病が襲い掛かったのだ!


    『ステルスストーキング症候群』

    患者数は約68億人に1人という奇病かつ難病で、手術をすれば完治も夢ではないが、その成功率はわずか2%。
    直接死には至らないが、この病に冒された者には邪気眼が芽生え、さまざまな障害を引き起こすかもしれないと言われている。


    「…せっかく前世で共に闘った夕陽丘先輩、いや、、、我が夫、冥封聖霊騎士シュナイダーと出逢えたのに、、、このままじゃいけないわ!

    そうだ、病院に行こう!


         ・
         ・
         ・
         ・
         ・

    (再び現在)

    近所でも評判の名病院だけあって、診察から手術前準備の入院までスムーズに事は進んだ。
    そしていよいよ手術の日がやってきた。



    メリート「これから手術か〜、、、こわいなあ、こわいなあ」

    看護士「…不安ですの? でも大丈夫ですわよ。西先生はちゃんと免許持っておられますから。たぶん。」

    メリート「でも、もし失敗したらわたしの中の屍喰龍が暴走するかもしれないんだよ、、、」

    看護士「ご安心なさい。治せない病気はあまりないという奇跡の腕を持つ西先生の事を人は
    『ヘヴンコンダクター』、またの名を
    『ゴッドハンド西』と呼びますのよ。
    だから何も心配いりませんわ〜」

    メリート「…わかったわ。ありがとう看護士さん!あたし頑張るわ!」

    たとえ名医といえども、手術は患者にとって不安なものである。しかし自信に満ち溢れた看護士の一言で気持ちが落ち着いたメリートであった。
         ・
         ・
         ・
         ・
         ・
    【手術室内】

    執刀医・西の他、優秀な助手・看護士・技師などわずか6人、少数精鋭のスタッフにより手術は開始された。


    Dr,西「これから『プチソタイ式置換法』によるオペを開始します。よろしくお願いします」

    Dr,ジロー「しかしこの患者は元から頭身40!意味がないのでは!?」

    Ns,カミーナ「副作用で胸が縮んでしまうわ!別にいいけど」

    西「心配無用! 形はなかなか美しいです。さあ始めましょう」


    何を言ってるのかわからない人も多い会話だが、それは妄想自己満足創作物語故の宿命である。
         ・
         ・
         ・
         ・
         ・
    72時間にも及ぶ大手術であったが、ゴッドハンド西の奇跡の手により見事成功!
    メリートの身体から病魔は消え去り、『ぷち』という新たな肉体として生まれ変わったのだ!




    この後、メリートと夕陽丘先輩の青春ストーリーが始まるかもしれないが、それはまた別のお話。

    四丁目の夕日は今日も熱く燃えていたのである、、、


         【ゴッドハンド西・完】



    ゴッドハンド西
    日本人である以外 素性も名まえもわからない。 だがその天才的な手術の腕は神技とさえいわれている。
    このなぞの医者は、今日もどこかでメスを持ち 奇跡を生んでいるはずである。


    *使用背景素材
    RUTAさん
    きまぐれアフターさん
    背景素材補完の会さん 
    パーティキャッスル付属背景素材



    関連する記事



    web拍手 by FC2

    コメント
    PTCで連載されていた「ゴッドハンド西」ですね
    ブログならではの細かい説明も
    入ってあったので、
    とてもわかりやすく面白かったです☆
    西さんって実は凄い人なんだなぁと改めて感じましたよ♪
    • くろ豆腐
    • 2010/08/11 12:32 PM
    ありがとうございます^^
    元本のはあまりにも短すぎたので少々足してみました。文字数制限ないのはやはりいいですねw

    思えばこの辺りから次郎よりも西のほうが活躍してきたかもです。ファイクエしかりw
    • 2010/08/11 9:02 PM
    西さんが素敵すぐるw
    なんか話がとっちらかってるのもかずーんさん風味でニヤニヤしましたw
    • 存在しないIDです
    • 2010/08/16 7:42 AM
    どうもですー|☆∀☆)ノ
    ぷち素体を知らないとなにがなんだかわからないというまさに楽屋オチっぽい作でございますw
    知っててもわからないという説もありますが、、、
    • 2010/08/16 8:47 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック